Conall

河津町で『伊豆の踊り子文学祭』開催 (11月27日)

河津町では秋祭りが盛んです。花と温泉の町であり、歴史と
文化の町でもあります。今日はノーベル文学賞作家の川端康成
先生が執筆活動をした湯ケ野温泉において、「伊豆の踊り子
文学祭」が開催されました。
旅芸人一座が三味線を弾きながら、踊り子と湯坂遊歩道を練り
歩き、当時の様子を再現されました。
img_6148
img_6150

古典芸能浄瑠璃「新内」の継承者の一人、岡本紋弥さんらにより、
三味線の弾き語りが行われました。
橋を渡り、正面は大正時代、川端康成先生が宿泊して執筆活動を
した「福田家」です。1階ロビー横には、伊豆の踊り子の貴重な
川端先生自筆の書から宿帳、映画の撮影に関する資料など、多く
の興味深い資料があります。一度見学することをお勧めします。
img_6156

文学碑前では、踊り子鍋が振る舞われました。
その後、公民館において、鰐淵晴子主演による「伊豆の踊り子」
映画上映会が行われました。
img_6159img_6158

PREV

伊豆ならんだの里で秋まつり (11月20日)

NEXT

美味!河津ワサビと猪鍋を味わう (11月28日)

WRITTEN BY:

LEAVE A COMMENT

CAPTCHA