Conall

1月14日 河津町各地区でどんと焼きが行われました。 峰地区、宝泉橋近くで行われたどんと焼きの様子をリポートします。 どんど焼きの前に、子供たちは近所を回って正月飾りや、お守り、お札などを集めます。 青年会や消防団の方々が、真竹を切り出しやぐらを組みます。かつては子供たちがやぐらを組んでいたそうですが、ナタやのこぎりを使える子供がいなくなり、今は青年会や地区の大人の方々におねがいするようになりました。 場所も、田んぼの中でやっていたそうですが、今は住宅から離れた川原や砂浜で行います。 細い月が昇る夜明け前、6時の点火に合わせて人々が川原に集まります。気温は3度ほどでしょうか。今年は風がなくしんしんと冷え込んでいました。         6時に点火です。竹のはぜる音が響きます。近づくと危ないので遠くで見ていますが、だんだんと顔があぶられるように熱くなってきます。       消防団員の方々 この後、餅が焼きやすいように焚火を広げてくれました。     ようやく夜明けです。川の氷を見つけて子供たちは大はしゃぎ 燃えにくいよう水に浸した竹に餅をはさみ、松の小枝とダイダイをつけます。 焼くのには5から10分くらい。火力の強いところで焼き焦げてしまったり、なかなか焼けないままだったり・・・ 火を使い慣れないので結構大変です。 みんな楽しそうに焼いていました。お汁粉に入れたり、醬油を持ってきたり。川原で食べる餅もよしですよ~ 温かいお汁粉もふるまわれました。 友人のFBからのコメントです。 今日は地区のどんど焼きでした 🔥お正月に天から下りてきた歳神様がどんど焼きの煙に乗って天に帰るとされ、それをお見送りするために行われると言われているそう。   また、この火で餅を焼いて、灰が付いた餅を食べると無病息災とか、書き初めを焼くと字が上手くなるとか色々あるから面白い💕 こんな有難いどんど焼きを毎年、青年会が作ってくれて、子供会も手伝う。毎年参加する人数が減ってきて居るけど、大事な事をしっかり守り抜いて、続けている事に感謝です。 準備をしてくださった消防団、青年会の皆様、毎年ありがとうございます。    

READ MORE