Conall

枇杷をたくさんとりました。

5月から6月は収穫のシーズンでした。玉ねぎ、ニンニク、じゃがいも🥔、梅、枇杷、アンズ。私が作っている畑は、庭程度の広さなのですが上級者だと一家で食べる野菜分くらいなら採れるそうです。道は遠い😵

種まきも多い時期。人参、生姜、いんげん、ヤーコン、水菜、ラディッシュ、枝豆。

書いてみると種類多いですが、虫や鳥にやられてダメになったもの、なぜか芽🌱もでないものもありました。


じゃがいも 少なかった

ここ3年ほど、自然農法の勉強会にも通い、自然にも体にも優しい野菜作りを目指してはいるんですが、なかなか🤢 かろうじて草刈りだけしかできてない時期、なんてのもありました。

枇杷、アンズ、梅は、持ち主さんが管理しきれず、収穫もできないところを許可をとって採らせてもらっているんですね~

収穫の時期は短いので、いつ採れるかうかがってるうちに取りそびれる、なんてのもあります。アンズは大風が吹いて、一晩のうちに実が落ちちゃいましたし⛈️ 枇杷は猿がとるので、来ない時を見計らって採ったりね❗️甘い実がなる木は猿もちゃんと知ってるんですね。


枇杷収穫の様子

私も河津に住んで15年ほどになります。思いがけないことで農地を借りることができ、畑づくりのアドバイスがいただける方々に出会いました。縁とは不思議なものですね。

移住を考えている方々へ その土地での出会いを大切にして下さいね。

田舎はご縁の社会です。人のつながりをいかにして造るか、というのが重要なポイントです。つながりのある人、縁のある人にとても手厚いのが田舎の習慣なのですね。

人は自分の居場所と役割を持つことで、幸せを感じることができる生き物なのだそうです。ゆっくりと居場所を育んでいくというのもいいですよ~

PREV

昔からの知恵 大切にしたいですね

NEXT

ふるさと納税に登場 河津桜商品はいかが

WRITTEN BY:

LEAVE A COMMENT

CAPTCHA