Conall

昔からの知恵 大切にしたいですね

梅雨空が続き、九州は豪雨に見舞われていますね。温暖化のせいなのか、しとしとと長雨が続く梅雨のイメージがすっかり変わっているように思います。雨の続く中、避難を余儀なくされている方は本当に大変です。

さて、すっかり収穫の時期が終わっていますが、ここで枇杷の話題。FBでも先日書いてくれたものを引用しますね。

田舎暮らしの知恵袋コーナー!

 
梅雨入りしてなんとなくだるかったり
体に冷えが溜まったり調子を崩しやすい季節です。
今日は、身近な果実のお話。

最近あちこちで可愛いオレンジ色の実をつけた枇杷を見かけます。
そして、わさわさと茂る枇杷の葉。
枇杷の葉っぱには、疲労回復、美白、殺菌、冷え予防などさまざまな効能があります。
葉っぱを洗濯ネットに入れて、お風呂に入れるだけ。
気持ちいい枇杷風呂の出来上がりです!
最初に洗面器に入れて熱湯で煮出すと効果が高まります。
 
アトピーのお子さんにも効果があるそうですよ。

 
実は美味しくて、葉っぱは体をケアしてくれる。
余すことなく使える枇杷は、派手じゃないのにしみじみ寄り添ってくれる優しい木です。
 
 

コメントは伊豆の田舎暮らしnewface さきちゃんです。

わたくしも入浴剤は枇杷の葉ですね。湯船も汚れにくくてよいんですよ。香りが欲しい方は、夏みかんもよし。よく見るとあちこちになってます。枝からもいでそのまま入れます。

実は傷薬にも使います。私の母は丸ごと焼酎付けにしていました。1、2ヶ月漬け込みエキスを傷につけます。
私は種を焼酎付けにします。実をめいっぱい食べたい、食いしん坊にはお勧めですよ。
種をきれいに洗って乾燥させてから焼酎に漬けるだけです。小瓶に入れ、空気に触れないようひたひたにつけましょう。

今は薬局で気軽に薬が買えますが、昔ながらの知恵もなかなか優れものだとおもっています。
薬草の効能というのは科学的に検証が難しいのだそうですが、近年は漢方やハーブも研究が進み、先進医療に取り入れようという動きもあります。
我らのご先祖に敬意を表しつつ、田舎暮らしに取り入れてみてくださいね。

PREV

桜チップ選別作業をしました。

NEXT

枇杷をたくさんとりました。

WRITTEN BY:

LEAVE A COMMENT

CAPTCHA